<< ネットvs.リアルの衝突〜誰がウェブ2.0を制するか 佐々木俊尚 | main | ホロコーストを次世代に伝える 中谷剛 >>

灼熱の竜騎兵1〜惑星ザイオンの風 田中芳樹

 25世紀、木星を解体して作り出された38個の惑星のひとつザイオンで、地球の搾取構造へ叛旗を翻す若者たちの戦いがはじまる。SFにみえるが投入される要素はいたって現代的で、ロボット兵の類はまったく出てこない。たぶん人間のほうがコストが安いのだろう……クローニング技術が発達して人命軽視の傾向が高まったとか、そういう雰囲気もないが。

 それにしてもダイソン師匠の大法螺をまんまネタにしてしまう力技には感心する。
 木星をバラすなんて能力を持ちながら、地球政府のやることと言ったら植民惑星からのピンハネ程度なんだから、まったく見事なまでにチ○カス官僚の器というものを分かっていらっしゃる……。1000年前からそうだったなら400年後も同じだろうって事か――ある意味SFにあるまじき感覚だなぁ。

 主人公のネッドたち4人の若者は突如地球に抵抗を示した自治政府のディアス主席に同調する事なく、ザイオンの特殊な地質――地下水路が豊富――に従った独自の戦略を練っていく。
 ザイオンに存在する広大な地下水脈は海の少ないこの星において、極めて貴重な資源であり、地球人が牛耳るZWAによって支配されている。が、水路の2割程度しか把握されていないらしい。
 ネッドたちがここを拠点にゲリラ戦を進めていこうと考えているのは良いのだが、こんな管理状況ならザイオン人もいくらでも水を盗めそうなものなのだ……。

 宇宙の支配権は完璧に地球側にあるわけで、ザイオンの戦いはひたすら地下を利用したものになっていくだろう。6500万人の住民と彼らを養うだけの食糧があることを考えれば、抵抗は不可能ではないと思うものの、ずいぶん犠牲の大きい戦いになりそうである。
 テロ行為に対する感情が一辺倒じゃいかなくなった現代だからこそ、いろいろと興味深いものがある。

灼熱の竜騎兵 PART1 (1)
田中 芳樹
カテゴリ:SF | 12:09 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 12:09 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sanasen.jugem.jp/trackback/568
トラックバック