<< アメリカアリゲーターの沼 ナショナルジオグラフィックDVD | main | ニュートン1月号:次元とは何か? >>

ギリシア・ローマ名言集 柳沼重剛編

 ギリシアとローマの名句を合計337句抜き出して、簡潔な解説付きで編まれた名言集。私の名言集スキーも相当なものだ……。

 やはりギリシア・ローマの古代の言葉が引かれているだけに歴史的な重みを感じさせる名句が多い。それらの背景にある歴史的事実に感心したり、意外なところで日本にまで伝わっている事に驚嘆したりできた。あるいは英語化されているものも多く、シェイクスピアの名言に通じる要素をもったものがあったりする。さらに近代の名言にはシェイクスピアをもじったものが自然と存在しているから、どこまで遡れるのやら発言者本人にもよくわからない眩暈のするような歴史を感じさせる言葉があるはずだ。
 そもそも言葉は人から人に伝わることによって生じた。それ無限によせてはかえす波の岸辺に名句の瑪瑙を拾う感覚がして楽しかった。

 あとがきではローマの名句がギリシアの二倍近くになった理由について熱心に分析しており、なかなか興味深かった。それ以上に興味深いのはオックスフォード引用句辞典の存在だったりする。そんな良さそうなものに触れたら時間が消し飛んでしまいそうだ。
 類語辞典の次に欲しくなってしまった。とりあえずは気に入った名言をプリニウスのように抜き書きしている。

 どんな本でも、読むときは必ず抜き書きをした。どこも役に立たないほどだめな本などないからな、とよく言ってた。――小プリニウス「書簡集」

 この名言集はすべてを抜き書きしたくなるほど、珠玉の名言が揃えられている。


関連記事
シェイクスピア名句集 森谷佐三郎

ギリシア・ローマ名言集 (岩波文庫)
ギリシア・ローマ名言集 (岩波文庫)
カテゴリ:文学 | 12:21 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 12:21 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック