<< Web小説「オナニーマスター黒沢」 | main | 宇宙 未知への大紀行2 宇宙人類の誕生 >>

地底の神秘 ナショナルジオグラフィックDVD

 ニューメキシコ州にあるレチュギア洞窟にナショナルジオグラフィック協会がおこなった探検を中心にすえたドキュメンタリー。見たこともないような水と炭酸塩鉱物の造形をみせる神秘の世界に案内される。
 だが、いちばん驚嘆したのはアメリカに1万6千人の日曜洞穴探検家がいるって事かもしれない。レチュギアのあるニューメキシコ州だけでなく、ケンタッキー州などには個人所有の観光洞窟が無数にあって客の誘致に鎬を削っているというのだからスケールが大きい。洞窟探検も彼らにとっては登山と似たスポーツの一種であるようだ。
 とはいえ、9歳で懸垂降下速度の世界記録をもっている少女の話はかなり狂っていると思った。将来が楽しみな娘だ……。

 そんなケンタッキー州にあるマンモス洞窟とフリントリッジ洞窟を結ぶルートを探査した探検家たちの逸話は、未登頂の高山にはじめて登ったかのような彼らの興奮と喜びが伝わってきた。それはエベレストでも味わえないエッセンスを含んだ経験かもしれない――もちろん洞窟探検では味わえないものをエベレストはもっているだろうが。
 しかし、マンモス洞窟に出てきた彼らが完全に観光化された通路に辿りついたオチはちょっと笑いを誘う。観光客がいる時間帯に辿り着かなかったのが、不運だったのか、幸運だったのか。
 この世界最長が判明したマンモス洞については先史時代の先住民がアシの松明だけを頼りに石膏結晶の採掘にやってきていた話もあって歴史ミステリーの面でも神秘的なものを感じさせた。

 レチュギアはレチュギアで、石膏は花を咲かせ、アラゴナイトはシャンデリアと化し、方解石の真珠が連なる美しく静寂に満ちた神秘の世界で、見応えがあった。

地底の神秘
地底の神秘
カテゴリ:ナショナルジオグラフィックDVD | 12:15 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 12:15 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sanasen.jugem.jp/trackback/619
トラックバック