<< 軌道傭兵3〜シャトル救出作戦 谷甲州 | main | 軌道傭兵5〜発進イントレピッド供|甲州 >>

軌道傭兵4〜BC弾頭撃墜 谷甲州

 かつてはスペースシャトルの熟練パイロットとして鳴らしたハスミ大佐が雇われパイロットに零落している冒頭もあまり悲劇的には感じられず、彼らのマッコイ爺さんであるサガールを確保して逃避行をはじめるストーリーは笑いすら誘うものだった。冒険小説を名乗るにはヒロイン分が絶望的なまでに欠乏しているのだが……ムワンディ将軍のおかげか、男臭さは最高潮!

 事件そのものはこれまでになくきな臭い。完全に地上の政治動向とリンクして話が描かれているせいだろうか。オリジナル国家であるルヴェンゾリ共和国の内乱危機と宇宙ステーションでの物理的に息詰まる攻防がリンクして描かれる展開はアクション性たっぷりだった。
 広い宇宙空間に出たほうが「世間」が狭くなる矛盾した現実がユニークだ。もっとも、一時的な歪んだ状態だと私は信じている。
 2巻で使用された機銃が出てきた時には作品中の連続性が感じられて懐かしさまで込み上げてきた。さらに未来の作品になるともっと顕著だが、過去の物語を伏線として使うことで世界の完成度をあげるのがとても上手い。
 たしかにわざわざ宇宙にもちあげた質量を移送するのもコストが掛かるだけだ。それでも鬼のように増設のかぎりが尽くされたトキダ・ステーションならではの掘り出し物ではあったのだろう――せめて銃弾だけは別に保存しておけよ。
 ああ、ジェイソン・ヘイウッド氏、大統領就任おめでとう。

 軍官複合体の刺客が言っていた戦争必要論はやっぱりおかしいと思う。いまだかって人類はまったく戦争のない状況を経験していないのに、どうして彼らはその状況が駄目だと断定できるんだ?戦争に文明を推進する力があることは認めるが、文明を推進することが絶対善であることさえ怪しいと思う。
 まぁ、終わりなき索敵のように文明の自律推進機関が作用しているとしたら、個人の力ではなかなか対抗できるものではないが。
 SFにとっても軍事はやっぱり重要になってしまう要素だと確認できる話だった。

谷甲州作品感想記事一覧

軌道傭兵(オービット・コマンド)〈4〉BC弾頭撃墜 (C・NOVELS)
谷 甲州
カテゴリ:SF | 14:14 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 14:14 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sanasen.jugem.jp/trackback/658
トラックバック