<< 戦略戦術兵器事典1〜古代中国編 | main | 歴史群像アーカイブvol.4 西洋戦史ギリシア・ローマ編 有坂純・荒川佳夫 >>

図説 戦国合戦地図集 歴史群像シリーズ

 表題のとおり戦国時代の合戦を地図をもちいて図説したものが一冊にまとめられている。細々とした合戦までを網羅し、戦術例の知識を増やすことを目的として読んだのだが、意外と珍しいと感じる戦いは少なくやや期待外れだった。
 図説で分かりやすいといっても、矢印表記で何枚もの図面を使って時間ごとの展開を表現しているわけではないし、表現方法が多彩に富すぎていて見慣れることが難しかったのも引っ掛かった。
 やはり著者が複数いることが問題のなのかもしれない。多少は偏っていても一貫した視点と体裁で無数の合戦を通して解説してくれる本が読んでみたいものだ……著者の体力がもつのなら。

 そんな中、意外と愉しませてくれたのが大阪の陣で展開された小競り合いの数々。戦略状況がそこまで混ざっていないおかげで素直に戦術をみることができた。

 まぁ、いちばん良かったのは折り込みにされている横長のイラストレーションかな。
 屏風のように異なる時刻の状況が一枚に描き込まれた物語のある絵図になっていて、その空間的な広さと戦国時代の様子と共に合戦を興味深くみせてくれていた。
 時間が経つのも忘れて見入ってしまう。

図説・戦国合戦地図集 決定版 (歴史群像シリーズ)
カテゴリ:歴史 | 22:19 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 22:19 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック