<< 新・日米大戦 鉄血の大洋1巻 荒川佳夫 | main | 隔週刊トレジャー・ストーン47 >>

隔週刊トレジャー・ストーン45

ミネラルファイル-宝石
 ロードクロサイト:非常に澄んだ色合いの赤が美しい宝石鉱物。同時に縞模様をつくる標本も魅力を持っているし、化石を置換することさえある……オパール級じゃないか?硬度さえあればなぁ。方解石が宝石的な関心でも好きなので、魅力的な赤をみせてくれるロードクロサイトは大好きだったりする。

ミネラルファイル-鉱物
 シデライト:カテゴリは分かれてはいるが炭酸塩鉱物仲間でロードクロサイトとは深い縁がある鉱物。これを連続させてくるセンスはよい。透明なものがリチア電気石みたいで非常に物欲をそそった。
 紅亜鉛鉱:フランクリン鉱山名産のあれ。希塩酸で溶けるのに炎に耐える性質がおもしろい。宝石質の標本がみたかったが記述からして天然ものは入手困難なのだろう。
 カスピディン:カスピ海に関係あると思わせて別にそんなことはなかったぜ!な鉱物。魔法使いの土系槍魔法って感じ?
 フォンセン石:こういう針状の繊細な鉱物って大好き。グシャッてしたいグシャッて!石英中のインクルージョンになっている奴が特に魅力的だった。

世界の鉱物産地
 ベネズエラ編:ギアナ高地周辺が鉱山開発されてしまう趨勢なのは悲しいのだが……小さなベニスから国名が来ているのにイギリスとフランスを合わせたよりも大きいのが面白い。赤道近くの国はメルカトル図法的に小さくみえてしまうからなぁ。

医療と鉱物
 もっと漢方薬的な話題に振れるかと思った。まぁ、未加工品の処方をいろいろ書いて実際に試されるのも困るか…。

ヒ酸塩鉱物2
 硫砒鉄鉱がでる鉱山には二次鉱物の印象が何故かなかった時代を思い出す。やってくれればかなり魅力的な鉱物を生成するのだ。2ということでちょっとマニアックに入りながら綺麗どころぞろいなのが嬉しかった。

鉱物関連記事一覧

トレジャー・ストーン 45―隔週刊 (45)
カテゴリ:地学 | 00:07 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 00:07 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sanasen.jugem.jp/trackback/867
トラックバック