<< 戦闘城塞マスラヲvol.4〜戦場にかかる橋 林トモアキ | main | 溟海の鋼鉄葬 伊吹秀明 >>

隔週刊トレジャー・ストーン53

ミネラルファイル-宝石
 トルマリン・クオーツ:けっきょくトルマリン・クオーツとして加工された宝石がないことにがっかりした。ほとんど電気石の説明と化している……インクルージョン的な話題をもっと広げてほしかった。
 サード:キーポイントの解説が笑わせる。ぶっちゃけ石英です、と言えばいいのに。地味だが響きも良くて好きな宝石だ、サード。

ミネラルファイル-鉱物
 流紋岩:宝石と鉱物を分けるなら岩石も分けておけと……岩石系の宝石のために枠を作れなかったのかなぁ。いまいちモヤモヤする。
 硫安ニッケル鉱:肉眼鑑定で黄鉄鉱と間違える自信がありすぎて泣ける。共産鉱物から読む手もあまり使えそうにない。人を騙すために一つ欲しいとおもってしまったり。
 鉄マンガン重石:鉄重石については赤くて素敵なマンガン重石ともども完全に切り離して説明を――黒くて条線が目立つだけの石ともいえるが妙な魅力がある鉱物だ。

世界の鉱物産地/インドネシア
 インドネシアは広いからなぁ。ここはここで地質的なバリエーションが多そうだ。ジャワ島の硫黄鉱山は知床半島が硫黄を吹いたときに似た状態なのだろうか。石油の脱硫に負けずにやっているとしたら凄い。

地球物語/セラミック
 耐火レンガを焼くための炉には耐火レンガがいるわけで……耐えられるものより低温で焼成できて良かったね!

ディスカバリー/ケイ酸塩鉱物
 もう少しこう…小分類というか……ケイ酸塩の大くくりでやってしまうと収拾がつかないと思うんだ。ざくろ石の産地紹介だけみても無理がある。

鉱物関連記事一覧


トレジャー・ストーン 53―隔週刊 (53)
カテゴリ:地学 | 22:55 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 22:55 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sanasen.jugem.jp/trackback/871
トラックバック