<< 戦略・戦術・戦史Magazine 歴史群像 No.61 | main | 2015宣戦!!新・日本国軍血戦録 中村ケイジ >>

隔週刊トレジャー・ストーン19 ディアゴスティーニ

ミネラルファイル-宝石
 エピドート:私がなぜか大好きな鉱物。馴れ初めが早かったうえに出会いが多かったせいかもしれない。廉価で愛でがいのある標本が多いからなぁ。しかし、透明性の高い標本をもっていないことに気付く。そして、たぎる。多色性を確かめたいものだ。
 紅簾石:緑簾石の変種だと思っていた時期のある鉱物。れっきとした独立種で、緑簾石「グループ」の一員である。宝石にファイルされている割には鉱物標本的な写真が多くて残念だった。

ミネラルファイル-鉱物
 針鉄鉱:基本的にはありふれた地味な鉱物だが…写真のものは物凄い光沢がそそる逸品だった。ゲーテも目立つ鉱物の名前にされたものだ。
 ヨルダン鉱:人名が元であり、ヨルダンで発見されたわけではないらしい。結晶系が独特で長時間眺めたい鉱物だと思った。大物は値が張るんだろうなぁ。
 パイロルーサイト:こいつも結晶が凄い鉱物なのだけど…わりとありふれた形の標本が多かった。組成的には単純な割に素敵な鉱物の一例だと思う。

コレクターズガイド/標本を整形する
 はさんで割るための器具が興味深い。あまり大きな鉱物は欲しくないタイプなので参考になった。

地球物語/鉱物の産業利用
 おおよそ聞き覚えのある話。日本の鉱山が身をもって採算性の問題を教えてくれているからね…。歯科用ドリルのSEM写真が怖かった。

ディスカバリー/鉱物の晶系・斜方晶系
 好きな形の鉱物が多い晶系だ。でも、個人的には単斜晶系がいちばんかな?写真の板チタン石がやたら無色透明で気になった。


鉱物関連記事一覧

トレジャー・ストーン 19―隔週刊 (19)
カテゴリ:地学 | 12:39 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 12:39 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sanasen.jugem.jp/trackback/903
トラックバック