<< アルスラーン戦記13〜蛇王再臨 田中芳樹 | main | 隔週刊トレジャー・ストーン67 >>

隔週刊トレジャー・ストーン55

ミネラルファイル-宝石
 ベスビアナイト:いまいち目立たないけれど、実は良い標本の多い鉱物である。色合いが多様で結晶の形も見あきない。真っ黒な奴も一興ではあるだろう。
 ステアタイト:まさか滑石が宝石の項目に入れられることがあるとは……この思い切りの良さには感心してしまう。基本的に鉱物標本でなくても価値を見出されるものを宝石と呼び習わしているようで。

ミネラルファイル-鉱物
 エジリン:渋めで割とありがちで、いかにも中堅どころらしい鉱物。石英と十字をなしている標本には魅力を感じた。黒光りする結晶は美しい。
 硫砒鉄鉱:微妙に覚えにくい位置にある鉱物である。銀白の色合いを網膜に焼きつければ、それなりに個性のある鉱物なのだが…。
 普通輝石:イタリア産の小さな普通輝石の標本が小宇宙的で素敵だった。まぁ、白りゅう石が主役にみえてしまうけどね。

世界の鉱物産地/パキスタン編
 カシミール地方の扱いに困るよなぁ。いろいろと出そうで飛び抜けたものがでない印象を与えられる記述だった。これからの開発に期待してしまおうか。

地球物語/冶金
 純粋に勉強した気分になれる記事。赤熱した鉄をロールしている写真が気になる。

ディスカバリー/ケイ酸塩鉱物3
 ペグマタイト関係の綺麗どころを集めた中に金雲母の記述がすこし浮いていた。上下に色がに分割されるバイカラーリチア輝石がウォーターメロンと説明されているが、ウォーターメロンは内外に色が変わるやつの専門名じゃなかったっけ?


鉱物関連記事一覧

トレジャー・ストーン 55―隔週刊 (55)
カテゴリ:地学 | 12:51 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 12:51 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sanasen.jugem.jp/trackback/910
トラックバック