<< “文学少女”と穢名の天使 野村美月 | main | スレイヤーズすぺしゃる10〜破壊神はつらいよ 神坂一 >>

戦国の堅城〜築城から読み解く戦略と戦術

 歴史群像に掲載されていた戦国時代の城をまとめ、いくつかの特集を組み合わせて収録したムック。発刊当時に入手を控えたためずいぶん長いこと探す羽目になった思い出のある一冊である。
 副題にもあるように徹底的に軍事的側面から城を扱っており血を熱くさせる要素がたくさん詰まっている。
 特に読み取りやすいイラストレーションによる城の全体図はイマジネーションを大いに高めてくれた。ただひたすら眺めているだけでも充実した時間を過ごした気分になれるのだった。

 そして、城の戦略的価値の説明と、それを戦国武将たちがどうのような方法で戦術的な形に変換して解決していったか――という説明が戦国時代に生きて頭を使っていた確かな存在を感じさせてくれるのがやたらと新鮮で心地よかった。
 城が発展してきた経緯そのものが歴史の具象といえることが強烈に実感できる。戦国武将のおかれた戦略状況が城の発展を後押しするなんて見方も非常に興味深かった。なるほど日本の西端にある島津氏はなかなか内線的な状況におかれないから、いきおい城も発展しなかったわけだ。

 初期の土造りの城から石造りの城へ紹介される城の年代が一般的に下がっていくのだが、最終進化系の城までいくと恐ろしくファナティックなものを感じさせる縄張りになっており、微妙に笑えてくる。
 畝状竪堀をひたすら張り巡らせた豊前長野城や恐ろしく高い場所に築かれた石造りの筑前鷹取城もたいがいだが、現代的視点からは「普通の城」ともいえる伏見城や篠山城が背負う「肉挽き機」としての機能には戦慄させられるものがある。
 それはまさに「近代」の萌芽と呼べるものであったのだろう。

 おかげで今後、城をみるときに愉しめる視点がひとつ増えた本だった。

戦国の堅城―築城から読み解く戦略と戦術 (歴史群像シリーズ)
戦国の堅城―築城から読み解く戦略と戦術 (歴史群像シリーズ)
カテゴリ:歴史 | 21:37 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 21:37 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sanasen.jugem.jp/trackback/960
トラックバック