<< 風の館の物語 二十二 風の怒り あさのあつこ | main | 鉱物マニアになろう 秋月瑞彦 >>

地球の鉱物コレクション34 ディアゴスティーニ

ミネラルファイル
 閃亜鉛鉱:色に緑があげられていないことが微妙に不満。かなりの特殊例だが、特殊だからこそ有名だと思っている。名前は酷いがなかなか趣きに富んでいる鉱物種だ。硫化鉱物はそういうのばかりか。
 菫泥石:菫と泥、相反する印象を与える文字がひとつの鉱物の名前の中に――トルコが産地の印象がとても強くて向こうへの憧れをかきたてたりした。独立種ではないのが少し残念だ。
 ヒューム石:名前は格好いいが姿はなかなか印象に残らない鉱物その1。でもベスビオ山産のヒューム石結晶は綺麗だった。
 ルドウィヒ石:名前は格好いいが姿はなかなか印象に残らない鉱物その2。いや、ある意味印象的な外見をしているが……あまり物欲をそそる雰囲気ではないなぁ。でも、嫌いではない。

日本の新鉱物:宗像石
 青鉛鉱に似ていると書かれているが、日本の新鉱物ということもあり個人的には中宇利石の影をみてしまう。まぁ、産状が違うから連想されることは少ないのだろう。河東石がつづりの問題で却下されるならKATOUITEにすればいいじゃない?と思った。もっと気を使うべき?

ミネラル・サイエンス:磁性
 なぜプレートテクトニクスへの貢献が書かれていない?人類文明を彩ってきた自然の大きな要素のひとつであることは間違いない。

イン・フィールド:青海川
 事件もあり、表だって紹介されるとすこし微妙な気分にさせられる産地である。採取しても違法にならない場所や鉱物を紹介してくれているのはありがたかった。ベニト石ほしいなぁ。

鉱物関連記事一覧
カテゴリ:地学 | 22:08 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 22:08 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sanasen.jugem.jp/trackback/984
トラックバック