ムガル帝国の興亡 ナショナルジオグラフィックDVD

 バーブルとクライブ。ムガル帝国を興した人間と、実質的に息の根をとめた人間。二人の人生を対比的にえがく映像資料。
 半透明にした映像を重ねて表示する表現がナショナルジオグラフィックのお気に入りらしく頻繁に出てきた。中途半端に資料のあるクライブの方がモノクロで描写されるボリュームが大きくて、バーブルはカラーで描かれているところも面白い。

 バーブルのパーニーパットとクライブのプラッシー、二人がインドを得た戦いがどちらとも兵力が敵の十分の一に近い極端に不利に感じられるものだった点も印象的だ。
 いくら数を集めても外部の革命的な勢力には遅れをとってしまう。逆に改革を起こして殴り返すのは苦手に見える。思想や学問の分野では功績があるのだけど。

 ムガル帝国の二代目であるフマユーンの名前が頻繁に出てくる割に、事跡が紹介されないことにニヤニヤしてしまった。まさに命懸けで病から救った息子があんな問題児だったなんてな。まぁ、フマユーンに続く血を残したことに意味はあるので、バーブルが道化というわけでもないか。

 クライブはほとんど人格破綻者で躁鬱病はともかく阿片への依存は非常に心証が悪い。しかし、近代の人間だから細かく人物像が残されているだけで、他の征服者にも似たような人物がたくさんいたのではないか?そう考えると、彼の記録には個人に留まらない史料価値が感じられる。
 もしも、彼が北アメリカに派遣されたら何が起こっていたのか。歴史のIFを感じさせる叙述もあった。

ナショナルジオグラフィックDVDレビュー記事一覧
カテゴリ:ナショナルジオグラフィックDVD | 00:41 | comments(0) | trackbacks(0)

忘れられた王国〜グレートジンバブエ遺跡〜 ナショナルジオグラフィックDVD

 サラハ以南のアフリカに存在する巨大な遺跡グレートジンバブエ。聖書に登場するジェバの女王に関連すると第一発見者に主張された遺跡を巡るアフリカ探検時代の物語。
 ドイツ人探検家のマウフは、貧しさに苦しみながらアフリカの奥地に到達した立派な男だったが、専門教育を受けていなかったことが災いして間違った結論を出してしまう。
 そして、信じたいことしか信じない人々に彼の説は人気を博してしまうのだった。シェリーマンがイーリアスから遺跡を発見してしまったばかりに、シェリーマン症候群にかかった人間が暴走した印象を受ける。
 思いこみを廃して目の前のある物を冷静に観察することの難しさを感じた。

 それを成し遂げたのが女性の考古学者として先駆的な存在だったイギリス人女性のトンプソンだ。第一次世界大戦で恋人を失った彼女は、フランスで先史時代の発掘に関わったことを皮切りに考古学にのめり込み、エジプトで成果をあげる。
 ついに招かれたローデシアでジンバブエがアフリカ人の都市であったことを突き止めるのだが、抵抗はすさまじいものなのだった。自分の信じる結果を求めるなら、考古学者じゃなくて小説家を呼ばなきゃね……トンプソンの言うとおり愚かな人々だ。
 話の最後にグレートジンバブエが印刷されたジンバブエドルが出てきて、非常に複雑な気分になった。ムガベェ・・・。

 二人の考古学者に焦点が合っているので、グレートジンバブエそのものの紹介は意外と少なくて物足りなかった。12世紀で人口が1万〜1万5千の大都市と言われても、それもヨーロッパ基準なんだよなぁ。中国とまったく比較しないのは如何なものか。
 歩くシーンが何度も撮られていたが、壁と壁の間が一人が通れる程度の広さしかないことも気になった。防御を考えての構造で、周辺には城壁を崩せる武器をもった勢力はいなかった証拠なのだろうか。
 発見と研究の経緯は分かったが、遺跡そのものへの疑問が新しく湧いてきて解消できない。そんな映像資料だった。

ナショナルジオグラフィックDVDレビュー記事一覧
カテゴリ:ナショナルジオグラフィックDVD | 22:46 | comments(0) | trackbacks(0)

百獣の王ライオン ナショナルジオグラフィックDVD

 直球のタイトルにあるようにアフリカの自然界で最も目立つ肉食動物ライオンの生を描いたドキュメンタリー。オスを中心として彼らの一生がおおよそわかるようになっている。

 新鋭のオスが力を合わせて老いたオスを追い払い、プライドを力づくでものにしていくドラマはともかく、力を失い老いたオスがボロボロになって死んでいく有様は恐怖を覚えるほど悲惨だった。
 栄光が高かっただけにあまりにも憐れだ。
 プライドを制圧したオスライオンたちにも、その中で育っていったタウと呼ばれる個体にも、あのような運命が待ち構えていると思うと無常観を感じてしまう。それが自然なのだと言ってしまえばそこまでだけど、先を見越して悲劇を軽減できる人間っていいなと少し思うことができた。

 発情期の交尾が150回以上とか、寝食をおしんで子作りに励むとか、壮絶にすら感じられる知識もえられた。最期まで群れの頂点に立ててもオスにとっては辛いことになりかねないなぁ……。

ナショナルジオグラフィックDVDレビュー記事一覧

百獣の王 ライオン
カテゴリ:ナショナルジオグラフィックDVD | 12:09 | comments(0) | trackbacks(0)

地底の神秘 ナショナルジオグラフィックDVD

 ニューメキシコ州にあるレチュギア洞窟にナショナルジオグラフィック協会がおこなった探検を中心にすえたドキュメンタリー。見たこともないような水と炭酸塩鉱物の造形をみせる神秘の世界に案内される。
 だが、いちばん驚嘆したのはアメリカに1万6千人の日曜洞穴探検家がいるって事かもしれない。レチュギアのあるニューメキシコ州だけでなく、ケンタッキー州などには個人所有の観光洞窟が無数にあって客の誘致に鎬を削っているというのだからスケールが大きい。洞窟探検も彼らにとっては登山と似たスポーツの一種であるようだ。
 とはいえ、9歳で懸垂降下速度の世界記録をもっている少女の話はかなり狂っていると思った。将来が楽しみな娘だ……。

 そんなケンタッキー州にあるマンモス洞窟とフリントリッジ洞窟を結ぶルートを探査した探検家たちの逸話は、未登頂の高山にはじめて登ったかのような彼らの興奮と喜びが伝わってきた。それはエベレストでも味わえないエッセンスを含んだ経験かもしれない――もちろん洞窟探検では味わえないものをエベレストはもっているだろうが。
 しかし、マンモス洞窟に出てきた彼らが完全に観光化された通路に辿りついたオチはちょっと笑いを誘う。観光客がいる時間帯に辿り着かなかったのが、不運だったのか、幸運だったのか。
 この世界最長が判明したマンモス洞については先史時代の先住民がアシの松明だけを頼りに石膏結晶の採掘にやってきていた話もあって歴史ミステリーの面でも神秘的なものを感じさせた。

 レチュギアはレチュギアで、石膏は花を咲かせ、アラゴナイトはシャンデリアと化し、方解石の真珠が連なる美しく静寂に満ちた神秘の世界で、見応えがあった。

地底の神秘
地底の神秘
カテゴリ:ナショナルジオグラフィックDVD | 12:15 | comments(0) | trackbacks(0)

真夜中のライオン ナショナルジオグラフィックDVD

 プライドと呼ばれるライオンの群れの動きを昼夜問わずに追跡し、彼らのテリトリーで暮らす他の生き物の動きにも注目したドキュメンタリー。
 かなりグロテスクなシーンが多くて、ライオンが一頭の獲物に30頭がかりでくいついているのをはじめとして、クモやムカデ、ヘビなどの世界も緻密に撮影されている。それは夜にあるおぞましさそのものを感じさせる活動の数々で彼らの食事シーンとはいえ、食事しながらみるのはキツイだろう。
 40匹のカエルが協力して卵の巣をつくっている姿もえもいわれぬものがある。耐乾性はあがるんだろうけど、産卵のやり方から考えて半分乱交みたいになっているのでは……。

 グロテスクさは一段劣ったがアリジゴクの陰険さも印象的だった。アリが逃げにくいようにするだけではなく、間断なく砂粒を叩きつけることでアリの足を取るようにしているんだなぁ。
 ライオンはライオンで弱った個体が虐められるシーンがあったし、やっぱり綺麗ごとではすまない自然の厳しさが感じられた。

 そんな中だから群れがまったりと寝そべっている姿には凄く和んだが……30頭まとめて転がっているのだから、猫でもまず見れない。


 どんな機材を使ったのか知らないが、人間には苦手な夜間、野生動物の追跡撮影を地道にやりとげた撮影者の能力もすさまじい。

真夜中のライオン
真夜中のライオン
カテゴリ:ナショナルジオグラフィックDVD | 12:22 | comments(0) | trackbacks(0)

アフリカが涸れる! ナショナルジオグラフィックDVD

 1980年代にボツワナで起こった大干ばつで起こった動物たちの大移動を記録した映像資料。北にあるリニヤンティ川に向かっていっせいに移動する動物たちの水を求める本能の不思議が感じられる。
 もちろん、脱落して死するものも、せっかく水場に辿り着いても行動の自由の狭さから肉食動物に狩られてしまうものもいる……。

 だが、いちばん凄まじいと感じたのはゾウの活動だった。カバの親子が九死に一生をえる思いで使っていた水場をドロドロに荒らしたり、下草の不足から樹木を倒して上の葉を食べたり、川のパピルスをなぎたおして流れを変えたりとやりたい放題だ。
 身体が大きいことはそれだけ周辺の環境にあたえる影響力も大きいことに繋がること、優しい動物とされるゾウも自分が生き残るエゴのためになら環境破壊も辞さないことが感じられた。あまり理想化してみるべきものではなく、彼らもワイルドライフのひとつなのだと考えたほうが健全なのだろう。

 動物の生息密度の増加によって約束の地にみえたリニヤンティ川周辺の環境も徐々に悪化していく。しかし、やがては恵みの雨が降りすぎるほど降り、動物たちは南に帰って行くのだった。
 ボツワナでは動物の自由な移動ができるから、リニヤンティ川に脱出するという選択肢があったけれど、これがいくつもの分断された公園だったらもっと多くの動物が死に絶えていただろう。環境の大きさがあるほど変動を吸収する力をもってくれることが分かった。
 大きな国定公園を、領域の繋がった国定公園を、整備していく事が環境保護に役立つだろう。

アフリカが涸れる!
アフリカが涸れる!
カテゴリ:ナショナルジオグラフィックDVD | 12:28 | comments(0) | trackbacks(0)

アメリカアリゲーターの沼 ナショナルジオグラフィックDVD

 フロリダ州とジョージア州の間にある広大な湿地帯、オーキフェノーキに生きる動物たちの姿をアリゲーターを中心に描く。
 出演している生物学者のケント・ブリート博士がアリゲーターと同じ沼に入って等しい目線で観察を行おうとするかなり勇敢を通り越した人だからか、巨大な爬虫類に恐怖よりも愛嬌を感じた。危険な気配をさせているときも子供を守ろうとしての事だったし、1986年の時点で6件しかアリゲーター絡みの死亡事故が起きていない点も、彼らの穏やかさというか人間を餌と認識していない感覚が想像できる。
 だいたいカメに託卵される抜けたところが憎めないのだ。

 他にもオーキフェノーキには酸性の水に適応した食虫植物あり、松脂を利用して巣を守る知恵もののキツツキあり、水中に隠れひそむキリギリスから遊び好きのカワウソまで愉快な生き物がたくさんいた。
 ちょっと変わったところではオーキフェノーキが保護区にされるまで素朴な生活をしていたスワンパーと呼ばれる白人たちの存在が興味深い。彼らはそれなりに森と調和していたようだが、そのあと侵入してきた伐採業者の所業をみれば国立公園化は正解だっただろうな。スワンパーが来る前に追い払われたネイティブ・アメリカンの存在もあり、どうにも物悲しいものを感じてしまうけれど。

 そんな世界を形作る浮き島の誕生もおもしろい現象だ。湖の底にあった腐敗したピートがガスで持ち上がり、水面に広がったそれに茂みが絡み、やがては木が生えるまでになる――そして、最後には雷による火事で沈んでしまう浮き島の一生は、ひとつの世界の始まりから終わりまでを思わせた。

アメリカ・アリゲーターの沼
アメリカ・アリゲーターの沼
カテゴリ:ナショナルジオグラフィックDVD | 12:10 | comments(0) | trackbacks(0)

オカバンゴの狩人 ナショナルジオグラフィックDVD

 ボツワナにある内陸デルタ、オカバンゴ。この特殊な水系をもつ土地における生物たちの暮らしが描かれるドキュメンタリー。オカバンゴの水源は北に遠くアンゴラの山岳地帯にあり、上流に水が満ちはじめるのが乾季の到来と重なっている時間差がおもしろい。
 さらにオカバンゴを特徴付ける水路はカバなどの大型動物が新しい草地を求めて移動した道を元にしていたり、沼地の島はもともとシロアリの蟻塚だったものだったり、地形と生物が緊密に関係しているのが印象的だった。土木工事をするのは人やビーバーに限らないようで。

 タイトルにある狩人が指しているのはリカオンらしく、彼らの生活にかなりのフィルムが割かれている。
 圧巻だったのはリカオンの子供の可愛さと、その母親を群れのリーダーが一手に引き受けている生態だ。子供を産むのはリーダー以外のメスも参加しての事なのに20匹以上の子リカオンを全てリーダーが授乳するというのだから、そのシーンは壮絶だった。よっぽど栄養状態に余裕がなければできない真似だからリーダーがそれをやるのだろう。
 他のメスが子供を連れさろうとした場面があったのだが、別に自分の血を引く子供は産めるのだから自ら世話せずにリーダーに任せる判断をしても遺伝学的には良さそうなもの。託卵する動物に比べると子供に対する執着がより人間に近いことが感じられた。
 狩りシーンは迫力満点だったが、実に愛情の多い動物なんだろうなぁ。

 BGMが原始的なリズムを刻む非常にリラックスさせてくれるもので、最後の方は激しい睡魔に襲われてしまった。

オカバンゴの狩人
オカバンゴの狩人
カテゴリ:ナショナルジオグラフィックDVD | 08:46 | comments(0) | trackbacks(0)

サバンナの戦士たち ナショナルジオグラフィックDVD

 タイトルからてっきり狩猟生活を営む人々のドキュメンタリーだろうと思っていたら、バリバリの現役軍の挑戦が描かれていて度肝を抜かれた。主人公はボツワナ軍、彼らが戦う相手は他国の軍隊ではなくて、国内の野生動物を襲う密猟者たちだ。

 数百万ドルの軍事予算を費やして、密猟者と戦っているというのだから凄まじい。しょうじき軍隊の仕事かなぁ、どうせ過激な対応を取ってるんだろうなぁ、と思ったのだが、あれだけの広い範囲で緊密に活動できる組織は軍隊しかないし、対応も意外と平和的なものだった――少なくともカメラの前では。
 アフリカの兵士といえども基本は都市生活者であって、野生動物と接して活動していくことは珍しい体験なのだと説明されているのをみて、自分の偏見に気付かされた……それでも訓練の末にかなり動物を理解して彼らへの愛着と密猟者への憎しみをもつ人々が育成されている。
 ライオンに手で餌を与えていた人はいろいろな意味で無茶なキャラクターだったけど――冗談めかして「ライオンが飛びかかってきても90%はじゃれてるんですよ」と説明していたが、残りの10%は!?
 軍隊のマッチョな部分を薄々感じさせられたエピソードだった。

 密猟者の問題には彼らに他の仕事がないこともあるのだけど、ボツワナで暴れる彼らは越境してやってきた人々だから、社会対策的解決も容易ではない――ほとんど不可能といっていいだろう。国境付近で軍事活動させる危険も気になったが、隣国が反応して国境の兵力を増やせば、むしろ密猟者が越境しにくくなって都合がいいかも……。
 いろいろと考えさせられることの多い映像作品だった。ここまで真摯に野生動物のことを考えている国があることに何だか勇気づけられたよ。

サバンナの戦士たち
サバンナの戦士たち
カテゴリ:ナショナルジオグラフィックDVD | 12:11 | comments(0) | trackbacks(0)

テムズ川紀行 ナショナルジオグラフィックDVD

 イングランドの中心を350kmに渡って流れる大河テムズ。その流れにそって歴史情緒ただようイギリスを旅する。といっても上流から下流に素直に話が進むわけではなく結構いい加減なところがあった。どちらかというと過去から現代に進んでいる感じが近い――その現代の中にも歴史を見ざるをえないのがイギリスなのだけど……。
 まず初っ端から13世紀から連綿と続いているテムズ川の「白鳥調べ」だからねぇ。

 環境問題では一時期の激しい悪化からテムズ川は立ち直っているが、白鳥が釣り人が捨てたおもりを飲み込み鉛中毒になるなど、部分的な問題はあるようだ。
 北海特有の潮位変化の激しさによる洪水についても触れられていて、危機感を抱くのはわかるのだが、テムズバリアの予算400%オーバーは酷い……最後に1982年に完成したというテロップが入ったのが事実を述べているだけなのに悪い冗談のように感じられた。
 地球温暖化もあるし役に立っているのかもしれないが。

 歴史面では清教徒革命の再現演技が熱かった。馬を横走りさせるなどかなりのテクニックを感じさせる。式典のところでも大量の騎兵が出てきたし、いまだに馬の存在感は無視できないのが欧州らしさなのだろう。
 チャーチル首相が第二次世界大戦時に指揮をとったというホワイトホールの地下要塞もなかなか面白かった。あまり引きこもりすぎると自国の危地が肌で感じられなくなりそうなくらい安心感があるな……。

 随所にテムズを謳った格調高い詩が挿入されており、とても印象的だった。

テムズ川紀行
テムズ川紀行
カテゴリ:ナショナルジオグラフィックDVD | 12:09 | comments(0) | trackbacks(0)
<< | 2/7PAGES | >>